麻呂の患者はガテン系2の【魅力的な寝取られルートのご案内】

maro102麻呂の患者はガテン系2の感想を知りたくありませんか?人妻ヒロインを寝取ることができる前作の続編ながら、まさかの寝取られルートの出現に、私は大変興奮しました。人妻だけど好きな女性が他の男に汚れてゆくスリルを、あなたも味わってみませんか。
基本操作などは、1から特に変わっているところはなく、気にせずそのままスタートします。前作は選択肢を少しでも間違えるとすぐに逃げられるというクソ仕様だったのですが、今回からそれが改善されており、ご褒美のエッチシーンまで到達しやすくなっていました。
そして特に肝心な?寝取られシーンはアニメーションで動き、かなり大きなオッパイの揺れ方がたいへんよろしい。

寝取られというよりも寝取らせ?

maro201麻呂の患者はガテン系2には奥さんが寝取られるルートが確かに存在します。しかしこれは、単純に寝取られるというよりも寝取らせという表現が正しいのでは?と考えさせられる場面があります。そのことについて詳しい説明はしませんが、その代わりに横の画像を見ていただければ何となく察することができると思います。同じ場所に夫と妻、そして間男がいます。目の前で妻が犯られているにもかかわらず、何もできない夫。これは寝取られゲームでよくあるシチュエーションの「脅されてしかたなく」というパターンに似ています。しかしたいてい脅迫される対象はあくまでも妻であり、夫ではありません。そして実際に寝取られる場所が夫の目の前というのも、なんだか怪しいにおいがしてきます。このことについて、これ以上掘り下げるつもりはありませんが、愛しい女性が他の男に犯られてゆく姿を見るのはやはり悲しくなります。しかしそういった思いをしながらもなぜか興奮してしまうのは、私だけではないでしょう。

○○ではない雪菜さん

maro103麻呂の患者はガテン系2のタイトル画面にいる黒髪の女性(雪菜さん)が、今回のメインヒロインになるかと最初は思っていました。しかしながらメインというよりも、むしろサブキャラのような扱いになっており、雪菜さんに期待している人は、ちがう意味でも裏切られるでしょう。けれども、ちゃんと雪菜さんとのエッチシーンは用意されているので、そのあたりはご心配なく。
エッチシーンを求めて雪菜さんルートをすすめると、ある場所で雪菜さんが○○ではないという事実が明かされます。人妻の奥さんはともかくとして、家庭的で清楚な雪菜さんが○○ではないなんて・・・maro104
しかも○○で○○までしているとか。こういった徹底した不意打ち要素は、私のように寝取られを求める人間にとってむしろご褒美のはずですが、なんだか昔プレイしたトラウマゲーム、○級生2を思い出しました。位置とかシチュエーションは違うけれど、初めて先に寝取られたあの感覚(モヤモヤ感)を久しぶりに植えつけられます。
そのほかにもチン○を深く突き刺されたまま持ち上げられ、アクロバティックに○ァックされるシーンや和風に立ちバックされちゃったりするところなど、古風なエッチシーンもあります。

寝取られ以外のエッチシーンについて

maro105麻呂の患者はガテン系2の寝取られシーンを中心に紹介してきました。このゲームには寝取られ要素しかないように思われてしまいそうですが、そんなことはありません。これは私が寝取られ好きというだけであって、ちゃんとしたエッチシーンも存在します。例えば雪菜さんがテーブルの上に座って、股を開くシーン。指でじっくりイジられた後に、チン○を突っ込まれるわけですが、その相手は間男ではなく麻呂です。他にも奥さんとのエッチシーンがありますが、これは寝取りに分類されるかもしれません。maro106
右の画像は物語の後半の画像をあとから見られるもので、やたらと寝取られ画像が集中しています。
最初に戻れば、ナース服を着た奥さんによる高速手コキとか診察台の上で○ァックされるシーンなど場所を生かしたプレイがあります。けれどもナース服を着た状態でのプレイは、高速手コキしかなく、前回からナースプレイを強く希望していた私にとっては少し残念な結果になっていました。個人的な要望はともかくとして、巨乳人妻が夫の前で胸を揺らしながら寝取られてゆく、というシチュエーションに興奮してしまう人にはおすすめの作品です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ